永久脱毛

永久脱毛とは何か詳しく説明します!

永久脱毛は、米国電気脱毛協会で施術プランの最後の施術から1ヶ月経ってからの毛の再生率が20%以下であることと定義されている状態であり、完全に毛が生えてこなくなるという意味ではありません。
永久脱毛と認められている施術は医療機関でのレーザー脱毛施術のみとなっているため、脱毛効果は非常に高く、医療行為であるため施術はクリニックでの受診となるので万が一の肌トラブルの際にも安心です。
永久脱毛は、毛の再生を抑制することであり、毛が生えてくるのを抑制するには、毛根の毛乳頭や毛母細胞を破壊する必要があります。
永久脱毛の仕組みですが、医療レーザー脱毛に使用するレーザーには波長の違うアレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAGレーザーという種類があり、波長ごとに特定の色や物質のみに反応する性質があるのが特徴です。
レーザーにはメラニンに反応するものが使われており、メラニンを多く含む黒い色素にだけ反応し熱が発生し、熱刺激が毛根に伝わって毛母細胞を破壊することによって脱毛効果が得られます。
メラニン色素に反応して脱毛する方法であるため、毛が濃く密集している部分には高い脱毛効果を発揮できますが、メラニン色素が少ない毛が細い部分や産毛の部分は脱毛効果が低いです。
効果的に永久脱毛を行うには、毛の周期に合わせてレーザー照射をすることが非常に重要で毛には、成長期・退行期・休止期があり肌の表面に出ているレーザー照射が可能な部分は全体の約20%ほどとなっています。
また、レーザー照射によって脱毛効果を得られるのは成長期の毛のみとなっているため毛の周期に合わせてしっかりと20%ずつ照射施術を行うことで高い脱毛効果を得られ効果的に脱毛施術を進めることが可能です。
脱毛効果を急ぎ、頻回照射施術を行っても退行着や休止期の毛根細胞と毛が接していない為レーザー照射による効果が得られません。
照射の適正なタイミングは2ヶ月〜3ヶ月に1度となっています。
このタイミングにも意味があり、毛の周期は施術部位によってもことなっており前回の施術時には休止期であった毛も2ヶ月〜3ヶ月経過することで順次成長期に入り無駄なく脱毛施術を行うことのできる脱毛期間であるため施術のタイミングは2ヶ月〜3ヶ月に1度が適正です。
永久脱毛は施術最終回から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることとなっているため、永久脱毛を毛が全く生えてこなくなると思い込んでいる方には、ぽつぽつと出てくるムダ毛に永久脱毛になってないと感じることと思います。
クリニックに訴えても永久脱毛の定義には理解が必要であり、クリニックの診察により追加照射が必要であると判断された場合には追加料金なく照射施術が可能です。

クリニックの医療脱毛で永久脱毛

永久脱毛は、クリニックによる医療脱毛であるレーザーを使用しての脱毛施術でした行うことのできない脱毛方法となっています。
永久脱毛では、毛が生えてこなくなるように毛が生えてのを抑制する必要があり、毛が生えてくるのを抑制するには毛を作り出す細胞である毛母細胞を破壊しなければなりません。
毛根細胞を破壊する行為は医療行為であるため、医師や医療従事者による施術となっています。
クリニックによる医療脱毛は、威力の高いレーザーをダイレクトに毛根に照射することにより熱刺激を与えて毛母細胞を破壊し、脱毛効果を得る脱毛方法です。
医療脱毛クリニックで使用される脱毛機器のライトシェア・デュエットやジェントルレーズプロは厚生労働省から永久脱毛が認可されている脱毛機器であり、多くのクリニックに導入されています。
医療脱毛のレーザー照射には波長の違うアレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAGレーザーというレーザーの種類があり、照射方法もショット式と蓄熱式の2種類があり、レーザーの種類と照射方法の組み合わせによって10種類以上の脱毛機器が存在しており、クリニックによって導入している脱毛機器も違うのがポイントです。
どの脱毛機器でも、レーザー脱毛は永久脱毛が可能な脱毛方法となっているので、毛質や肌質・施術時の痛みや肌に与える影響などを考えて脱毛機器を選び、施術クリニックを選ぶことも効果的に脱毛施術を進めるには大切なことになります。
クリニックによる医療脱毛のレーザーには照射深度を表す波長があり、アレキサンドライトレーザーは約700〜800、ダイオードレーザーは約800〜900、YAGレーザーは約1000〜1100となっており、ダイオードレーザーは出力を変動できることが特徴であり、弱い出力から高い出力まで細かく調整することが可能です。
レーザーの照射出力と脱毛効果は非常に強く関係しており、照射出力が高いと脱毛効果も非常に高くなりますが、施術時に感じる痛みも非常に強くなります。
レーザーの照射出力を弱めると施術時に感じる痛みは緩和することができますが、脱毛効果は低くなり、高い照射出力で施術する部分よりも施術回数が必要です。
施術時に感じる痛みは、脱毛施術部位によって違いますがレーザー脱毛はメラニン色素と強く反応することで脱毛する仕組みとなっているため、毛が濃く毛根がしっかりしているワキ・VIO・ヒゲといった部分は高い脱毛効果が得られる分、強い痛みを感じる部分となっています。
VIOは皮膚が薄い部分でもあり、ダイオードレーザーのように施術時に感じる痛みを軽減できる脱毛機器を使用しても人によっては耐えられない痛みになるようです。
クリニックによる医療脱毛で永久脱毛効果を実感できるのは施術回数が5回目〜6回目の方に多いようで、施術完了までの期間は約1年〜1年半となっています。

脱毛サロンの光脱毛で永久脱毛

自己処理以外の脱毛として考えられている脱毛方法は2種類で、医療クリニックよる脱毛と脱毛サロンによる脱毛です。
永久脱毛とは施術をすることで一生毛が生えてこなくなる状態というイメージがあると思いますが、実際は一生毛が生えてこなくなるのではなく永久脱毛には米国電気脱毛協会によって定められた定義があります。
定義によると、永久脱毛は脱毛プラン施術の最終回から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることです。
20%というと条件としては甘いように感じられますが、クリニックによる永久脱毛施術を受けた場合には10年以上経過しても目立ったムダ毛は生えてこなくなる人がほとんどとなっています。
永久脱毛は威力の高いレーザー照射機器を使用して毛根細胞を破壊する脱毛方法であるため脱毛効果が非常に高く、効果の持続性も高いのが特徴です。
永久脱毛は、医療脱毛とも呼ばれる脱毛方法でもあり、レーザーをしようした医療行為の脱毛方法となっています。
厚生労働省により医師や医療従事者以外の者が永久脱毛を行った場合には違法行為となると思います定められているため脱毛サロンでは永久脱毛することができません。
脱毛サロンでの脱毛方法は、医療脱毛のようにレーザーを使用した脱毛方法ではなく光を使用した脱毛で光とジェルを照射することにより毛根に刺激を与えて毛が生えることを抑制する脱毛毛方法となっています。
光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる方法で、照射出力も20ジュール以下と定められているため毛根を破壊することはできませんが、繰り返し照射施術を行うことでムダ毛を生えてこない状態に抑制することは可能です。
脱毛サロンでの施術は、脱毛効果ではなく抑毛効果となっています。
施術によって生えてくる毛が減ってきたのを実感できるのは施術5回目〜6回目となっておりムダ毛の処理が必要なくなり脱毛効果に満足できるまでには施術回数は18回以上が必要です。
脱毛完了までの期間は平均として2年〜3年となっています。
医療クリニックによるレーザー脱毛施術とは違い脱毛サロンによる光脱毛は施術時に感じる痛みがほとんどありません。
痛みが少ない分、脱毛効果も低いのが光脱毛です。
永久脱毛という言葉には定義があるので、毛乳頭や毛母細胞に直接ダメージを与えられる脱毛方法はレーザー脱毛のみとなっているためクリニックによる医療脱毛施術が条件となります。
毛乳頭や毛母細胞の周りであるバルジ領域にダメージを与えて抑毛効果を得る脱毛方法である脱毛サロンでの光脱毛では永久脱毛することはできません。

ブラジリアンワックス脱毛は永久脱毛と言える?

ブラジリアンワックス脱毛は、ワックスを塗り専用シートを貼り付け一気にはがすという手軽な脱毛方法ではありますが、永久脱毛ではありません。
永久脱毛はレーザーによって毛根細胞を破壊し生えてこなくなるようにする脱毛方法であり、永久脱毛の定義はいろいろとありますが脱毛施術コースの最終回から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることであったり、脱毛施術3回から6ヶ月後の減耗率が75%であることとなっています。
ブラジリアンワックスの脱毛は、毛根を破壊する方法ではなく毛根からムダ毛をスポッと抜き去る方法であるため毛はまた生えてくる脱毛方法です。
ブラジリアンワックスは、ブラジルのサンバダンサーが際どい衣装を身に付ける際にムダ毛が気になることから際どい部分を手軽に脱毛する方法となっています。
アンダーヘアの部分は、完全に脱毛できてなくても気になる時だけ脱毛できればいいという方にはおすすめの脱毛方法です。
最近は、衛生面からハイジニーナを希望する方も多く痛みは強いもののレーザーによる永久脱毛をする人も多くなっています。
VIO部分は、衛生面を気にしたり見た目を気にしたりと脱毛においても脱毛方法や脱毛効果に満足する度合も人によって異なる部位です。
ブラジリアンワックスの脱毛効果の持続性は約2週間〜3週間となっています。
VIOの部分のムダ毛には個人差も大きく、ブラジリアンワックスによる除毛から1週間ほどで生えてくる人もいますが、ブラジリアンワックスを長く続けることで毛が生えるまでの期間が長くなることもあるようです。
ブラジリアンワックスによる永久脱毛効果を得ることはできないためブラジリアンワックスは脱毛方法というよりは除毛方法となっています。
ブラジリアンワックスはシートを一気に剥ぎ取る方法であるため肌へのダメージが大きい処理方法です。
ブラジリアンワックス直後には、肌への赤み・かゆみ・ヒリヒリ感がでることも特徴でありブラジリアンワックスを頻回繰り返すことで鳥肌のようなブツブツの炎症を引き起こす可能性もあります。
ブラジリアンワックス当日に注意しなければならないのは、熱いお湯やプール・温泉に入ってはいけないということです。
温泉やプールに合わせてブラジリアンワックスをする場合には1週間前から3日前までにするようにしましょう。
ブラジリアンワックスは除毛による肌へのダメージが非常に大きい方法です。
温泉やプールは成分が多く含まれていることもあり、肌の状態も敏感になっていることから熱いお湯であっても肌トラブルを引き起きす可能性があります。

永久脱毛の効果を感じるにはどれくらいの期間が必要?

永久脱毛はレーザーによる脱毛方法で、毛根細胞を破壊する医療行為となっています。
レーザーによる脱毛は、医療行為であることからレーザーの照射出力が高いので脱毛効果も非常に高いのが特徴です。
永久脱毛の完了までには平均として6回前後の施術が必要であり、完了までの期間は約1年〜1年半となっています。
施術1回目から2週間が経過したころから太い毛が徐々に抜け始め、施術3回目頃にはムダ毛の気になる部分も少なくなり自己処理が楽なることで脱毛効果を実感できる頃です。
期間としては施術スタートから6ヶ月頃となっています。
施術4回目から5回目には生えてくる毛も細くなり、生えてくる毛も少なくなるので腕や脚といった一般的な部分のムダ毛は永久脱毛の効果を感じることが可能です。
永久脱毛には、脱毛協会が定めた定義がある状態であり、最後の脱毛施術終了後から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることが条件となっています。
レーザー脱毛は、毛根を破壊する方法である施術だからこそ永久脱毛をすることができる脱毛方法ですが、一生毛が生えてこなくなるわけではありません。
ぴょこっとムダ毛が生えてくることもたまにはありますが、それは肌の生理機能までもは失われていないという証拠であり、肌の健康状態を保ちつつ毛の発育を抑制する方法が永久脱毛といえます。
脱毛サロンでの光脱毛はレーザー照射が20ジュール以下と決められているため脱毛効果は弱く永久脱毛は認められていないものの、施術を繰り返すことで永久脱毛に近い効果を得ることは可能です。
脱毛サロンによる光脱毛で永久脱毛に近い効果を得るには12回〜18回の施術が必要となっています。
脱毛効果を実感できるのは施術3回目〜4回目頃で期間は約6ヶ月後で、永久脱毛に近い脱毛効果を実感できるまでの期間は約2年半〜3年以上です。
施術部位により脱毛効果の感じ方には差があり、ワキ・VIOといった太い毛や背中・うなじといった細い毛には施術効果も差があり、毛が太く濃い部位には施術による脱毛効果が高いものの施術時に感じる痛みが非常に強いことから照射出力を上げることができず脱毛効果が弱くなってしまい、細い毛や産毛はレーザーが反応するメラニンが少ないことから脱毛効果が弱い為、施術回数も多く必要となり、施術効果を実感するまでの期間も長く必要になります。
レーザー脱毛による永久脱毛は、施術回数も少なく脱毛完了までの期間も短いことが特徴ですが、施術時に感じる痛みが非常に強い施術方法でありレーザー照射が強いことから肌トラブルのリスクが高いことも注意が必要です。