永久脱毛 家庭用

家庭用の永久脱毛器を使うと永久脱毛ができる?

永久脱毛というと、一生毛が生えてこないことをイメージしがちではありますが実際はそうではなく、永久脱毛は協会が定義している状態があります。
定義にもいろいろあるのですが、3回照射施術をしてから6ヶ月後に毛が67%減毛している状態であることであったり、レーザー照射施術の最終回から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であることが永久脱毛の定義です。
この定義は米国電気脱毛協会が定めた定義であり、日本では永久脱毛の定義はありません。
レーザー照射による施術は医療行為であり、照射出力も高いことから脱毛効果も非常に高いことが特徴となっています。
レーザー脱毛を繰り返してもぴょこっとムダ毛が出てくることもありますが、肌が健康的な状態であるという証拠でもあり、施術を繰り返すことで生えない状態に保つことは可能です。
家庭用の脱毛器にて定義に定められたような永久脱毛効果を得ることはできません。
家庭用脱毛器は分かりやすく脱毛という言葉が使用されていますが、脱毛ではなく正確には減毛となっています。
家庭用脱毛器は照射出力も非常に低く、毛根細胞を破壊できるようなものではなく、毛根細胞を破壊する行為は医療行為であることから家庭用脱毛器では認められません。
毛根細胞を破壊しない脱毛方法は、毛が生えてくる根本の原因であるバルジ領域を刺激することで毛が生えてくるのを抑制し、生えてくるまでの期間が長くなったり生えてくる毛が細くなったりという減毛効果を得る方法です。
永久脱毛には定義があるので、クリニック以外での脱毛サロンや家庭用脱毛器での永久脱毛という言葉は使ってはいけないこととなっています。
家庭用脱毛器では定義に定められたような永久脱毛効果を得ることはできませんが、施術を繰り返すことで永久脱毛に近い効果を得ることが可能です。
家庭用脱毛器は光脱毛という種類であり、脱毛サロンで施術される脱毛方法と同じ光とジェルを使用した脱毛方法となっています。
脱毛効果に満足できるまでには12回〜18回の照射が必要で期間としては約1年半ほどが必要ですが、家庭用であることから何度でも施術は可能です。
この効果は、性能の良い家庭用脱毛器を使用した場合の効果であり、性能の弱い家庭用脱毛器であれば除毛程度の効果しか実感することはできず、綺麗に脱毛することができません。
家庭用脱毛器には15種類以上の種類があり、金額も様々となっているので選ぶ際には注意が必要です。