白髪 永久脱毛

白髪は永久脱毛できるのか?

永久脱毛は威力の強いレーザーをダイレクトに毛根細胞に照射することによって毛根細胞を破壊し毛が生えてこなくするようにする脱毛方法であり、米国電気脱毛協会が定義する永久脱毛は、脱毛施術最終回から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であるという状態となっています。
レーザーによる脱毛機器は、メラニン色素と反応して毛にレーザーを照射する方法であるため毛が濃い部分や毛の密集部分には非常に高い脱毛効果が得られますが、その反面メラニン色素の薄い背中や顔の産毛や毛が細い部分には脱毛効果が低いことが特徴です。
ですので、白髪にはレーザー照射のターゲットとなるメラニン色素が含まれていない為レーザー照射による脱毛方法では永久脱毛はできません。
白髪を永久脱毛する方法は、電気針脱毛またはニードル脱毛と呼ばれる1つ1つの毛穴に直接的に電気針を当てることで毛を抜いていく脱毛方法になります。
脱毛サロンで行われる光脱毛であってもクリニックによるレーザー脱毛であってもメラニン色素の反応して照射施術をするという仕組みは同じであり、違いはレーザーの出力の強さで永久脱毛が可能なレーザー脱毛は60ジュールですが、光脱毛は20ジール以下と半分以下と低いのが特徴です。
電気針脱毛またはニードル脱毛と言われる方法は、毛穴の奥にある毛根に直接貼りを差し込み電流を流して毛が生える根本である毛根細胞の毛乳頭を破壊する方法であるため毛質や毛の色に関係なく脱毛施術を行うことができます。
1度処理したムダ毛は2度と生えてくることもなく確実な脱毛効果が得られる方法です。
白髪を確実に永久脱毛できる方法は、電気針脱毛のみとなっていますが脱毛できる方法は他にもあり、レーザー脱毛の蓄熱式の脱毛器での施術となっています。
最新のレーザー脱毛器は、ダイレクトに毛根にレーザー照射を行う従来の方法ではなく毛が生えてくる根本であるバルジ領域に断続的な熱刺激を与えることにより破壊するという方法の脱毛器があり、毛質肌質に関係なく脱毛効果を得ることが可能です。
脱毛器にはショット式と蓄熱式という照射方法があり、レーザーにも3種類のレーザーがあります。
白髪に脱毛効果があるのは、照射出力を変動させることができるダイオードレーザーの蓄熱式の脱毛器での施術です。
効果には個人差もあり、照射回数も多く必要にはなりますが年齢を重ねることでVIO部分の白髪が気になる方や介護脱毛を考える方には痛みも抑えられる施術方法ですのでおすすめできる脱毛方法になっています。